30代からのゆる糖質生活

30代主婦のライフログです。1カ月マイナス1kgペースでダイエット中。一生続けられる食生活を模索しています!

糖質制限 10月の食費(10/1~10/29 4週間分)

time 2017/10/30

10月分の食費をまとめました。

期間:10/1~10/29

10月はあと2日残っていますが、今後は週ごとに食費の予算をたてたいので、残りは11月分にいれます。

合計:54,194円(税込)

項目 金額(税込)
お米/パン/パスタ ¥1,972
¥11,059
魚介 ¥3,032
野菜 ¥7,322
たまご ¥961
チーズ ¥1,936
乳製品 ¥1,297
果物(主にアボカド) ¥3,273
海藻 ¥637
総菜 ¥818
大豆食品 ¥2,186
調味料 ¥3,007
飲み物 ¥2,362
アイスクリーム ¥3,154
おやつ(アイスクリーム以外) ¥945
その他 ¥1,281
外食 ¥8,952
合計 ¥54,194

予算を気にせず過ごしましたが、だいぶ遣いましたね(;^ω^)

外食分を抜くと、自炊に45,000円ほどかかっています。

1日約1550円です。

おすすめ記事:糖質制限で食費はあがる?

共働き夫婦であれば、これぐらいかかっても問題ないと思いますが、私は在宅ワークでほぼ家にいるのでもう少し抑えたほうが良いかと。

家計簿もダイエットと同じで、急に出費を控えようと無理をすると絶対リバウンドします。

なので、少しずつやっていきます。

家計簿をつけるだけでも、だいぶ意識が変わりました。

家計簿をつけること自体、初めてではありませんが以前はつけても活かしきれていませんでした。

言い訳ですが、忙しすぎて面倒になったというのもあります。

でも、お金を貯めようと思うなら、絶対家計簿をつけたほうがいいですね。

現状、どれぐらい出費があるかを把握するのが大事。

11月の予算

期間:10/30~12/3(5週間)

→10/30~11/30に変更

予算:47,000円(自炊32,000円・外食15,000円)

私の誕生日があるので、外食費を多めに設定しました。

自炊分は1日あたり1,000円です。

出来なくもなさそうですが、やりくりに頭使いそうです。

 

出費を消費・浪費・投資で分類する

出費を「消費・浪費・投資」で分類すると良いということを最近知りました。

消費:最低限の暮らしをするために必要な出費

浪費:娯楽や無駄遣い

投資:勉強のための書籍代、将来の自分につながるものの出費、貯蓄など

浪費と消費の線引きが難しいですが、「外食」で考えてみます。

私の場合は、頻度が多ければ浪費。

月1であれば、消費か投資にあてはまると思います。

家族の仲や人間関係を深めるための外食、お祝い事の場合は「浪費」にはなりません。

年収800万円以下であれば「消費・浪費・投資」の理想比率は、「消費70%:浪費5%:投資25%」が良いといわれています。

参考元:家計再生コンサルタント 横山光明さん

比率は目安なので、「お金が貯まらないなぁ~」と思う方は参考にすると良いです。

抑えるべき出費が見えてくると思います。

贅沢をしているわけではないのに、「出費がかさむ!」というのが正直なところです。

お金のことを考えると気分が落ち込んでいましたが、最近ファイナンシャルプランナー(FP)の方とお話をしたことがきっかけで気持ちが変わりました。

生きるのにお金がかかるのであまり長生きしたくないと思っていましたが、少し前向きになれましたよ(笑)

↓お勧めの一冊です。

お金に対する意識が変わります。

はじめての人のための3000円投資生活 [ 横山光昭 ]

価格:1,188円
(2017/10/29 09:56時点)
感想(84件)

ちなみに、私がFPに相談したきっかけはヤマダ電機で電化製品を購入した際、「無料で相談できるのでいかがですか」と声をかけられたのがきっかけです。(保険のビュッフェ)

参加の特典に、景品をくれるというので気軽に参加してみました。(期間限定?)

無料といえどもFPの方もある意味営業マンですから、保険をすすめてきますけどね。

(無料の相談会にありがちです)

すすめられた保険が良いものであれば加入すると良いし、自分に合わなければお断りすれば良いのです。(しつこい営業はされませんでした)

合うか合わないかの見極めに勉強(調べること)が必要です。

得るものが多かったので、相談してみて良かったですよ!

↓ブログランキングに参加中。クリック頂けると励みになります!


人気ブログランキング

sponsored link



sponsored link